ホスピピュア

ホスピピュア

90日間も全額返金保障をつけるという、かなり強気な宣伝をしているホスピピュア。
→証拠はこちら

 

湘南美容外科とシーオーメディカルが共同開発した乳首の黒ずみ用の美白クリームですが、人気の理由はやはり、テレビCMでおなじみの湘南美容外科が共同開発している点です。

 

というのも、このように、商品の紹介にやはり湘南美容外科の名前が出るので、中途半端なクリームは出せないですから。
↓↓↓↓

 

⇒⇒湘南美容外科との開発について公式サイトで詳しくみる

 

実際、ホスピピュアを使った10代・20代の女性のうち、実に94%が満足しているというので、品質の方は間違いなさそう。

 

それにもし、効果がなくて返金を求める人が溢れたら、あっという間に赤字で、もう販売を続けてないはずですから、信頼できそうですが・・・
それだけでは分からない点が多いので、本当に使えるクリームなのか、徹底検証しました。

 

買う前にコレだけは知っておきたい

ホスピピュアをすでに知っている人でも、なんとなく乳首の黒ずみをなくすクリームという印象はあると思うのですが、どんな成分が黒ずみに効いているのか、安全な成分が使われているのかなど、細かい部分は知らないという人も多いはず。

 

そこで、成分の細かい情報や、実際に使ってみた人の口コミ、一番安く買えるのはどこなのか?など、買う前に、事前に必ずチェックしておきたい情報をまとめました。

 

ホスピピュアはどんな効果がある?

ホスピピュアといえば、美白クリームですが、中でも乳首の黒ずみに向けて作られているので、乳首以外には効かないと思っている方も少なくないはず。

 

ですが、実際には・・・

  • ワキ
  • バストトップ
  • ひじ
  • おしり
  • ひざ
  • くるぶし
  • ニキビ跡
  • シミ

など、体中のどの部分の黒ずみ対策にも使える便利なクリームだったんです。
また、口コミを見ていくなかで、ニキビ跡やシミにも使えるということがわかりました。

 

実際に、シミに使っている人は多いみたいですね。
例えば、モデルの武田静加さんがブログでお肌のシミに使っていると報告されています。
⇒http://ameblo.jp/buzzshizuka/entry-12114273692.html

 

また、ツイッターでもオススメされてますね。

 

 

 

そんなホスピピュアですが、心配なのはリバウンドしないのか、ということです。

 

もし一度美白に成功しても、塗るのをやめたらまた元に戻ってしまった・・というのでは、心配です。

 

一度消えた黒ずみはそのあとどうなるの?

黒ずみが復活するのかどうなのか・・・
というのは、一言で言ってしまうと復活します。。

 

でも・・・
え〜!意味無いじゃん!
ということはありません。

 

一度黒ずみが消えたからといって、即放置してしまうと、確かにぶり返してしまうのですが、消えても一定期間その場所に塗り続けることで、すぐには元の色に戻らないようになっていきます。

 

その間に、ホスピピュアを塗る量や間隔を減らしていけるので、ずっと同じコストがかかり続ける・・・という事はないみたいです。

 

⇒⇒ホスピピュアの効果を公式サイトで詳しくみる

 

そんなにも黒ずみが消えるとは、いったいどんな成分が使われているのでしょうか?

 

黒ずみに効くホスピピュアの成分とは?

ホスピピュアに含まれる成分をざっと一覧したのが下記です。

 

トラネキサム酸、ルナホワイト、プリンセスケア、植物性スクワラン(オリーブスクワラン)、シア脂(シアバター)、ローズマリーエキス、レモンエキス、ホップエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、マツエキス、アーティチョーク葉エキス、スギナエキス、ニーム葉エキス、海藻エキス、大豆エキス、メマツヨイグサ抽出液、ヒメフウロエキス、オクラエキス、ポリグルタミン酸塩、濃グリセリン、1.3ープチレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

 

これだけを見ても何のことか分からないので、それぞれの役割をかるく解説させてもらいます。

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸はホスピピュアの成分の中でも特に黒ずみを抑えている中心人物です。(人物じゃないけど・・)

 

昔から薬としても使われてきた人口アミノ酸のトラネキサム酸ですが、黒ずみの原因になってしまうメラノサイトが出来る原因を抑える働きがあるので、これから新たにできる黒ずみをできにくくする働きがあります。

 

従来の美白といえば、すでに出来てしまった黒ずみに対して対策していくのが普通でした。
その点、トラネキサム酸は違う側面から対策して、これからできる黒ずみを減らしていくのが、良い点です。

 

ホスピピュアの見ておくべき4つのポイントとは

 

黒ずみ発生する一番最初の段階で対策するので、非常に効果があるのですが、これは時間のかかる対策です。

 

一方でもう出来てしまった黒ずみを薄くしていかないと、今の肌の色というのがなかなか変わりません。

 

 

もう出来てしまった黒ずみに対策する成分

ルナホワイト(メマツヨイグサ)、プリンセスケア(ヒメフロウエキス)、ニーム葉、海藻エキス、アーティチョーク葉エキス、スギナ、ホップ、マツ、レモン、ローズマリー。大豆エキス

 

これらの成分は、すでに出来てしまった黒ずみに対策する成分です。
発生してしまったメラニンに対して抑えていく成分として使われています。

 

肌サイクルを整える成分

セイヨウナシ果汁エキスの有効成分が、乱れたお肌のサイクルを、正常に整えます。

 

安全性は?

湘南美容外科。美容外科って結構強い成分を使いそうな、なんとなくイメージがあるんですが、安全性の方はどうなんでしょうか?

 

ホスピピュアに関しては、ほとんどが植物由来の成分で、添加物に関しても、ノンシリコンだし、着色料、香料、パラベン、アルコールもフリーなので、子供の肌にも使えるほど安全だそうです。

 

最初抱いていたイメージと印象が変わりました。

 

⇒⇒成分を公式サイトで詳しくみる

 

ホスピピュアの評判や口コミはどう?

産後の乳首の黒ずみが

 

私は妊娠中に乳首が黒くなり始め、産後に収まるかと思ったら、逆にもっと黒くなってしまいました・・・
ホスピピュアの評判がいいということで、使ってみると、1本使い切る頃には自分でもわかるぐらいの変化があったので、妊娠前の色に戻るまで続けてみようと思います。


 

シミがなんとなく薄くなってきた

 

ホスピピュアは顔のシミにも良いと聞いたので、気になっていた眉の上のシミに使いました。
ニキビ跡が気になっていた娘と一緒に使い始めて2週間ほどになるのですが、がなんとなく薄くなってきました。
娘のニキビ跡も良くなっているようです。
変な臭いや塗った後のベタつきも特になく、使い心地も良い感じです。


 

 

 

ニキビ跡が1週間でほとんど見えなくなった

 

ホスピピュアをニキビ跡に使ってるんですが、かなり良いです。

 

これまでは、色素沈着にはケシミン、皮膚のデコボコにはアットノンを使っていました。
ですが、色素沈着に関しては、完全にホスピピュアに乗り換えました。

 

皮膚のデコボコまでは消せないんですが、そこは、元々美白用のクリームということで期待してなかったので、今まで通りアットノンを使っていこうと思います。

 

その代わり美白効果は非常に高いです。ケシミンで2週間くらいかかっていたようなニキビ跡が、1週間でほとんど見えなくなりました。


 

口コミからわかるのは、やはり乳首だけでなくニキビ跡やシミに使っている人が実際にいるということです。

 

ネット上で見つかる口コミは実はこれぐらいしかありませんでした。
特に乳首への報告が少ないのは・・・やっぱり乳首の色というかなりデリケートな部分の変化を報告することになるので、ちょっと気にして書き込みにくいのかもしれませんね。。

 

このように、ホスピピュアの口コミを見ていると、変化が現れるまでに1週間から2週間とかなり早いことがわかります。

 

いくら黒ずみに効くクリームと言っても、変化が現れるまでに何ヶ月も待たされたのでは、なかなか信じて続けるのは難しいと思います。

 

でも1〜2週間で違いが見えてきたら、その先どんどん変わっていくのを期待して続けられるので、成功する確立も上がるというものです。

 

 

⇒⇒ほかの口コミを公式サイトで詳しくみる

 

 

 

授乳中にホスピピュアは使える?

上記の口コミでも目にするのが、妊娠中から乳首の色が変わり始め、授乳中にもっと黒くなった、色が戻らないというパターンです。
こういう人がホスピピュアを使ってもいいのでしょうか?

 

授乳中に使った場合に、赤ちゃんが飲んでないときに塗って、そのあと乾いてから授乳すれば問題ないのか?
というのは気になります。

 

成分的には、子供でも使えるほど安全なホスピピュアですが、分類上は医薬部外品です。
乳飲み子の赤ちゃんの場合、ジャンルは違いますが風邪薬なども相当制限されます。小児科でこれならば飲めるというものに限られるんですね。
薬局の医薬部外品は基本的にNGです。

 

そう考えると、そもそも口に入れるように作られていない医薬部外品のホスピピュアを口に入れるというのは、やはり避けた方がいいでしょう。
それに、授乳中はどのみち乳首への刺激を避けられませんから、ホスピピュアを塗ってもなかなか思ったような効果が得られないことが予想されます。

 

授乳中の色の変化は焦りを感じるかもしれませんか、ここはぐっと我慢して、
卒入して乳首への刺激もなくなってから思う存分使う方が効果的だと考えられますね。

ホスピピュアを一番安く手に入れるには?

ホスピピュアの定価は9000円と、実際ちょっとお高いです。。
単に美白のクリームということで比較すると、もっと安いものもありますからね。

 

でも実は定価よりも安く手に入れる方法はいくつかあります。

 

そのうちのひとつが、湘南美容外科の取扱店で購入するという方法。
店頭割引が適用されるので6300円になるそうです。

 

9000円と比べると結構安い印象になりました。
個人的にこの値段なら何とか続けられるかな〜・・と思いました。

 

でも一応もっと安く買えるところはないかと思い、検索してみると、公式サイトの定期購入コースが一番安いということに気がつきました。
定期購入コースだと、5500円まで安くなります。

 

 

5500円というのは、かなりコスパいいと思いますよ。
店頭割引と比べて、さらに1000円安くなるのはありがたいです。
毎月続けるなら1000円でもうれしいものですね。

 

 

一番安く買う方法もわかったことで、もう購入の意思は固まっていましたが、やはり定期購入ということで、万が一効かなかったら嫌だなというのはどうしてもあります。
効くならそのまま続けて問題ないんですが、効かなかったときはどうしてくれるの?っておもいました。
でもその点は大丈夫でした。

 

 

90日間の返金保証

ホスピピュアは公式サイトで買うと、90日間も返金保証がありました。
90日もあったらそのまま続けるべきかどうか確実に判断できますね。

 

ホスピピュアの見ておくべき4つのポイントとは

 

その間にまったく効かないという場合には、お金を返してもらえばいいですから、まずは試してみて問題ないかと思います。
ただ、公式サイト以外で買うとこの返金保証は付いてこないので、その点だけは気をつけてください。

 

≫ホスピピュアの公式サイトはこちら

追記

男性は乳首の色をどう考えている?

ホスピピュアの口コミや掲載誌などを見ても、乳首の色を気にしている女性が多いのはわかりますが、気になるのには理由があります。

 

乳首の色が気になる理由
  1. 乳首が黒いと、温泉など、人目に触れる場で裸になるときに気になる
  2. 妊娠中に黒くなり始め、産後、元の色に戻らなかった
  3. 年齢が上がるにともない色が変わってきた
  4. 生まれつき色が気になっている

などなど、人によっていろいろな理由があると思いますが、やはり男性に見られたときの印象が気になるというのも理由のひとつだと思います。

 

 

ここに、乳首の黒ずみから男性が感じる印象のアンケート結果があります。

 

某有名ファッション雑誌によるアンケート調査で、20代から50代の一般男性1300人が対象です。

 

これを見ると、男性もほとんどが黒い乳首に良い印象は持っていないようですね。

 

アンケートの際に男性から出た意見はこのようなものでした。

 

男性(20代後半)

 

黒ずんだ乳首はおばさんを連想させる。不健康な印象も受ける


 

男性(20代中盤)

 

実際に遊んでいるかどうかに関わらず、遊び人の印象を受ける。


 

男性(30代前半)

 

いくら顔やスタイルが良くても、黒い乳首を見た途端に冷めます。


 

 

⇒⇒アンケートについて公式サイトで詳しくみる

乳首が黒くなる原因について

乳首の黒ずみの原因は『メラニン』という物質。
また、メラニンは同じようにシミの原因にもなります。

 

そんな、女性にとっては大敵とも言えるメラニンですが、実は重要な役割があります。
それは・・・

 

→紫外線から肌を守るという役割です。

 

メラニンがもし全くなかったら、紫外線で皮膚の細胞が傷つき、火傷のような状態になってしまいますし、最悪の場合はDNAが傷ついて皮膚ガンになる恐れもあるんです。

 

外部からの刺激

メラニンが原因の黒ずみは、肌のターンオーバーが起きると薄くなっていきます。
しかし、色素沈着した黒ずみはなかなかとれません。

 

乳首の黒ずみが取れにくいのも色素沈着しているからです。

 

肌に刺激がある部分では、メラノサイトがメラニンを過剰に分泌してしまい、メラニン色素の沈着が起きます。

 

色素沈着は、肌の刺激により、表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着しておこります。
肌は刺激を感じるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする防御機能があるからです。
引用:資生堂 皮ふ科医に聞くミニ知識 第14回色素沈着のケア

 

刺激から肌を守ろうとして色素沈着が起きるんですね。
乳首の黒ずみでいうと、ブラジャーの摩擦がこれにあたります。
サイズや付け方に無理がないか確認してみてください。

 

妊娠・出産・授乳

妊娠すると、女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)が多く分泌されメラニン色素の細胞が刺激されます。

 

さらに、授乳時の吸いつきから肌を守るべく、メラニン色素が乳首に集まるので、乳首に色素が沈着しやすくなります。
また、赤ちゃんが乳首の位置を把握しやすくするために色が濃くなるという説もあります。

 

一般的には授乳期間の終了とともに元の色に戻る場合が多いですが、中には元の色に戻らない人もいます。

 

紫外線

通常、乳首は下着や服に覆われているので、日焼けすることはない。
と思われがちですが、実は紫外線の影響を受けています。

 

また、たとえ直接乳首が紫外線に接していなくても、「目から日焼けする」という現象があります。目への紫外線の刺激が脳に伝わると、肌にも同様の紫外線刺激があったものと脳が認識してしまい、メラニン色素をつくるように司令が出てしまうという現象です。

 

これを防ぐには、日差しの強い日にはサングラスをかけるようにする、というのも有効です。

 

 

⇒⇒乳首が黒くなる原因について公式サイトで詳しくみる

 

 

 

 

 

 

メディア掲載について

公式サイトによると、ホスピピュアは色々な雑誌に掲載されているということです。
湘南美容外科の共同開発なので、医師のコメントに添えて紹介されていることが多いようです。

 

「and GIRL」 2015年4月号
「and GIRL」2015年9月号
「GINGER」2015年8月号
「GLITTER」2015年3月号
「GOETHE(ゲーテ)」2015年1月号
「LINDA μ's 」2015年9月号
「MAQUIA」2015年6月号
「Ray」2015年6月号
「Regina」2015年春夏号
「steady」2015年9月号
「SWEET」2015年7月号
「姉 ageha」2015年9月号
などです。

 

一部、私が持っている雑誌のなかだとこんな感じでした。
ホスピピュアの見ておくべき4つのポイントとは

 

⇒⇒掲載誌について公式サイトで詳しくみる

 

 

安心して買えました

ホスピピュアを買うときに気になったのが、家族にバレないかという事です。

 

もっと言うと、佐川の配達員のお兄さんが伝票を見たときに「ホスピピュア」って書いてあったら・・・
なんだろう?って気になることが無いとも限りません。
今ならネットで調べれば何の事かすぐ分かってしまいますからね。

 

そんな心配する必要も無いかもしれませんし、ただの自意識過剰ですが。

 

でも、ホスピピュアはその点も考慮してくれていました。

 

↓まず、伝票ですが
ホスピピュアの見ておくべき4つのポイントとは
商品名が無記名になっています。
配達員さんが見ても、何を買ったのかはわかりません。

 

 

↓つぎにダンボールの外箱です
ホスピピュアの見ておくべき4つのポイントとは
こちらにも商品名、ブランド名は入っていません。

 

万が一、不在時に家族が受け取っても、「化粧品」とでも言っておけば、それ以上はわかりません。